« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

Déjà vu

夏休み明けの今週月曜日 帰宅した下宿の賄いおばさんの目に飛び込んだのは

1年前と同じ光景

2006年8月24日の日記

座椅子が掘られて、スポンジケーキ100個分くらいををぶつけ合ったような部屋になっておりました。へなへなと崩れ落ちそうな気分で、箒で掃き始めましたら、フィーフィーは、箒やちりとりをひっぱって遊ぼうとします。

朝、ベビーシッター嬢に、「フィーフィーをお願いね。」と言って出ましたが、それには、いたずらを教えることは含まれてなかったのに。

アリョンパに綿出しされることがわかっているので、座椅子は、いつも横にして立てかけています。おそらく、自然に何かの弾みで座椅子が倒れて通常の状態に置かれてしまい、それを見たアリョンパが、「さー、面白いことを教えるから見てらっしゃい」と、最初にアリョンパが始めて、フィリパがいっしょになって楽しんだのだと思います。

Felipa4066_2   

Felipa4324

アリョンパは横に立てておけば何もしませんが、フィリパは、横に立ててあっても、カバーの中に顔を突っ込んで、綿を出してはトコトコと運んでしまいます。

寝ている間にスリッパが破壊され、高いところにおいて隠してあってもなぜか、毎日洗濯ばさみが破壊されています。

暴れん坊ぶりも激しくなり、おトイレを片付ける賄いおばさんの背中によじ登ったり、お椅子の上から下にいるアリョンパめがけて、モモンガのごとくジャンピングダイビングしております。

アリョンパは首輪を咥えて、お椅子からフィリパを引きずり降ろすなど、乱暴になってきました。生き生きと遊んでいる3歳のアリョンパがそこにいます。 ライオンの親子のような微笑ましい世界はもう見られず、今は柔道一直線の世界です。 早くドッグランデビューさせて、エネルギーを発散させないといけないかもです。

--------------------------------------

動物の処分方法に関する指針改定のパブコメ

環境省で、動物の処分方法に関する指針の改定案のためのパブリックコメントを実施しています。締め切りは9月7日(金) 

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8665

| | コメント (0)

動物の処分方法に関する指針改定のパブコメ

環境省で、動物の処分方法に関する指針の改定案のためのパブリックコメントを実施しています。締め切りは9月7日(金) 

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8665

「動物の処分方法に関する指針」は、やむを得ず動物を殺さなければならない場合の必要な事項として定めたものです。昨年10月に制定された「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」等の告示類では、「処分」という概念には、返還や譲渡が含まれることが明記されており、今回本指針もそれらに合わせて、文言を整理するものです。 (環境省のサイトからの一部抜粋)

以前よりはボランティア等への譲渡が増えているとはいえ、処分0にはならない現状です。苦しんで殺される犬猫が、せめて苦痛のない静かな眠りにつけるよう、処分方法が、言葉だけの安楽死とされるガスによる虐殺ではなくなるよう、どうか、多くの方から環境省へ訴えていただきたく、お願いいたします。

| | コメント (0)

「老親介護は突然やってきた!」 (宣伝)

いつもお世話になっている方の新刊です。

今年の3月まで、地方紙のライターをされながら、食べ歩きの本など、何冊か出版してらしたのですが、4月からフリーのライターとなって活躍中です。フリー第1作目の本です。

アマゾンのレビューでも、絶賛されています。(大げさかしら)

Book

本屋さんでお手にとってみてください。図書館にリクエストしてくださって読むのもいいですね。よろしく。

車椅子に乗っている方は、KAZのおばあちゃんで、本の中に、義妹として、わが愚妹もちらっと出てきています。つまり、妹の義理のお姉さんが書いた実話です。

| | コメント (0)

お菓子の場所

お菓子タイムのひとコマ

フィリパはお菓子をもらっても食べずに、咥えては投げたり、お菓子の上に頭をすりつけて、その上で転がりながら、ピーピー泣いて、お椅子の上のアリョンパの気を引こうとしています。

Okashi_4395_2

アリョンパもお菓子を食べず、お椅子の上から落としてフィリパをからかっています。

フィリパはなおも必死に転がったり、敷物の下にもぐったり、敷物をひっぱったりと、パフォーマンスが激しくなります。

Okashi_4396_2

絶対、お椅子は譲らず、落ちたお菓子だけ拾ったアリョンパ

しばらくそんなことを続けていましたが、アリョンパがお菓子をお椅子に隠して、フィリパと遊ぼうと、お椅子から降りたら、お菓子を咥えてフィリパがダッシュでお椅子の上に。

Okashi_4399

すると、フィリパのお菓子を横取りしようとする大人げないアリョンパ。

(実は、フィリパのお尻の下あたりに、アリョンパの隠したお菓子がある)

Img_4402

Img_4404

結局、アリョンパにお菓子をとられて、同情した下宿の賄いおばさんが、アリョンパが隠したお菓子をフィリパにあげました。めでたし、めでたし。

食べ終わった後は、トムとジェリーの超高速かけっこが始まったのでした。お椅子の上に乗ったり、ジャンプしたり、落とされたりと大変激しく、見ていると目が回りそうです。

Img_4394

アタイのお椅子です。

Img_4393

お菓子はお椅子の上で食べたいです。

Img_4353

| | コメント (0)

お客様

昨日の夜、妹が結婚する前の職場の方たちとの飲み会に参加した後、KAZといっしょに泊まりに来ました。

アリョンパは、顔なじみのお客様なのに吠えていましたが、フィリパは妹とKAZを覚えていたのか、誰でもいいのか、大喜びで歓迎しました。 保護したばかりの頃は、人馴れに問題ありかもと言われていましたが、そんなところは微塵もないです。

Osanpo_4303_3   

朝のお散歩は寝坊して、7時頃。すごーく暑かったのですが、フィリパはご機嫌でした。KAZは、喉が渇いたと途中でストライキを起こし、賞味5分くらいのお散歩でした。

Img_4294

Img_4288

いつもより2時間遅い散歩は暑い上に、KAZのストライキで時間が短縮になってしまったけど、ちょっとでもお散歩できればうれしいマーシャ

Img_4291

Img_4292

Felipa4344

| | コメント (0)

とうとう・・・・・

恐れていたことが起きてしまいました。

マーシャの右足に床ずれができてしまいました。病院へ連れて行きました。もう患部は麻痺しているそうです。毛が長いのと、いつも右足を下にしているので、気付くのが遅かったのかもしれません。いつからできていたのかわかりません。

マーシャはもともと我儘に育ててしまって、フロントラインですら嫌がり、フロントラインやスリッカーブラシなどを持って近づくだけで、噛もうとし、目薬や耳洗浄などは絶対させなかった子で、年をとってからはそれがひどくなりました。ファーミネーターにも怒ります。

お尻にウンチがついて毛が固まってしまったり、尻尾に枝が絡まって毛玉といっしょになってブラシではどうにもできないときは、エリザベスカラーをして、口輪をして、それでも首を曲げて阻止しようとするので、あせりながら、急いで固まった毛を鋏で切ります。

床ずれがどうなっているのか見るために、毛を分けようと手を近づけるだけで、怒るので、今回は病院に預けて、後ろ足と尻尾とお尻をバリカンで刈ってもらおうと思いました。

しかし、先生が言うには、毛は紫外線から守ったりする役目もあり、排泄で汚れるからと毛を刈るのはよくないということで、患部の周りだけ切ってもらい、薬を出してもらいました。

先生からのアドバイスでは、一番気をつけることは、蝿だそうです。蝿は臭いをすぐに嗅ぎつけて寄ってくるので要注意なのだそうです。蝿が傷口に卵を産みつけてしまったら、もうどうにもできなくなるそうです。(ものすごい苦しみになるので安楽死しかない)

蚊取り線香と扇風機が蝿防止にいいそうで、今から扇風機を買いに行きます。(扇風機が売り切れとネットのニュースでおととい見たばかり・・・・・)

新聞紙を丸めてたくさん敷くといいらしいです。(クッション代わりということでしょうか。)

泣き虫なので、先生の話を聞いているとすぐ涙が出てきてしまうのをこらえて、教えてもらったことは全部やろうと思いながらの帰路でした。

  Dscn0151

(若い頃のマーシャ トリミングで耳の毛を切ってもらっていたのでボーイッシュ)

ドライブが好きなマーシャなので、秋になったら一度佐渡へ帰ろうかなと思います。2年ぶりに佐渡の海を見せてあげたいです。でも、思うだけで実際は無理かな。フェリーの移動は何かと不便なので。

Dscn0557_3   

(お気に入りの画像です。 現在我が家でレンタルしている妹夫婦の当時新品デジカメで撮った画像。 当時はこの画像を見て、あまりにも私のデジカメと鮮明度がちがい、技術の進歩を恨めしく思ったものです。それが、古いデジカメとなり、我が家でレンタル中・・・でも返す予定はないです。電池の蓋が壊れてしまったからもう返せない。でも動画も取れて、便利)

実家のアッサムに床ずれが出たと母から聞いたのが、マーシャの床ずれを見つける数日前でした。マーシャより1歳年上で、足が悪くなったのは最近のことでした。マーシャに対してのやきもちがひどいので、マーシャの足が悪くなってから実家へ帰ることはありません。

アッサムもドライブが大好きで、買い物に行くときは必ず乗って行くそうです。

Msaaasm66_2

Msaassm62_2 

(マーシャとアッサム もう何年前の画像か思い出せません。8-9年前かな)

我が家と実家、ともに今年後半と来年は、介護という試練の日々となります。

長く生きることより、喜ぶことを優先させてあげたいと思います。

|

フィリパのお散歩便り 葉月編

Img_4018

フィーフィーはお散歩が大好きですが、ところどころ、怖い箇所があります。

下水の上に置く金属性の蓋とか、車がたくさん走る大きな道路とかです。でも、人も自転車もバイクも怖がらず、うれしそうに歩きます。少しずつ距離を増やしていますが、まだ朝だけのお散歩です。来週ワクチンを打てば、朝晩2回のお散歩になる予定です。

お散歩中のおトイレはまだないです。

Img_4026

Img_4017

Img_4037

Img_4047

昨日の夜、お菓子を咥えて、ピーピーすごい声で泣きながら、部屋中をうろうろし出して、何を訴えてひんひん、ピーピー泣くのかわからなく、声の大きさと必死な様子にどうしていいか困ってしまいました。

お菓子は咥えたまま離さず、お椅子の上でお菓子を食べ終わったばかりのアリョンパのところに走って行き、切羽つまった声でピーピー泣いて、何かを伝えようとしていました。

アリョンパは、食べ終わったので、いっしょに遊ぼうとお椅子から降りて遊ぶ体制に入ったのですが、その瞬間に、フィリパがお椅子の上に飛び乗って、背もたれと座席の間にお菓子を鼻で何回かおしつけて隠すようにしてから(アリョンパもよくやります。)、お菓子を食べだしました。

アリョンパが遊ぼうと誘うと、すごい形相で唸って追い払いながら、お椅子の上でお菓子を食べていました。お菓子を食べる場所を求めて、お椅子を渡せと訴えていたわけですか。

|

フィーフィー@新座犬猫里親会

Dscn8022_2 

Dscn8023

フィリパのことを心配してくださった皆様に、元気になったフィリパに会っていただきたくて、新座犬猫里親会の譲渡会に、フィリパを連れて行きました。

譲渡会中のほとんどはスタッフルームで、快君たちといっしょにいましたが、今回は参加犬が少なく、同じ年頃の香乃子もいたので、ちょっとだけ、香乃子とめい太の間にお邪魔させました。

Dscn8039

お散歩では、相手に唸られても、遊びたくて近づこうとするフィリパなので、お友達と遊べてどんなに喜ぶかと思っていたのですが、初めて会うたくさんの人達を前に、緊張して遊ぶどころではなかったようです。

Dscn8050

Dscn8077

フィリパは、基本的には気弱なところはなく、最初だけ尻尾をお尻の下に隠していますが、すぐに落ち着いて、その場に慣れます。

初めての人の前でひっくり返って撫でてもらっていました。

Dscn8085

Dscn8093_2 

Dscn8061

フィリパは、保護されから1週間ほど、めい太といっしょにいました。感動の再会にはならなく、無関心の再会でした。

Dscn8082

初めての譲渡会の雰囲気の中でも、心細い様子もなく、しっかりした子だと改めて思いました。

Dscn8078

さすがに、初めてたくさんの人&犬に会ったので、精神的に疲れたようで、家に帰ってからは、バタンキューで、眠り続けました。下宿屋の賄いおばさんも、いつになく疲れてやっぱりバタンキューでした。立ちっぱなしというわけではないのに、足がとてもだるかったです。暑さのせいか、年齢のせいか・・・

フィリパは、血液検査の結果、おかげさまで肝機能は回復していました。血糖値が高く要注意ですが、今月の終わりに2回目のワクチンを打って、いよいよ家族募集となります。

フィリパを支えてくださった皆様、どうもありがとうございます。生死をさまよったことが、夢だったようです。私自身は、あきらめて途方にくれていましたが、フィリパの強い踏ん張りで、乗り切ってくれました。

フィリパがすばらしいご家族と出会える日まで、お世話させていただきます。

今後もどうぞよろしくお願いします。

8月19日 7.4kg 

------------

ウランの楽しい夏休みの様子はこちら → シンリとウランな新生活

家族旅行で広島まで遠征し、車酔いも克服したとか。初泳ぎの動画もあります。

こちらにも → ほのぼのINDY日記 (断りもなくリンクしちゃいました。)

フィリパにも、暖かい家族が迎えに来ますように。

|

御礼 新座犬猫里親会 (8月19日)

猛暑にも関わらず、たくさんの方にお出でいただきありがとうございました。

Dscn8165 

今回も、たくさんの物資をご寄付いただき、シェルターに運ばれました。募金は新座犬猫里親会で集計後、次回の会場で掲示されます。暖かいご支援、いつもどうもありがとうございます。

フリマの売上は、11,650円でした。シェルターにいる保護犬猫の医療費に使わせていただきます。お買い上げくださいましたみなさま、品物をご寄付くださったみなさま、どうもありがとうございました。

Dscn8125

↑ ふーみんちゃん、お疲れ様でした。チャリティポストカード販売でがんばってくださったMY LIFE WITH THE DOG の営業担当のお二方です。

美月ちゃんファミリーからの犬用アイスキャンディの差し入れに、みんな大喜びでした。どうもありがとうございました。

さて、今回の譲渡会、5匹の猫にご縁があったそうです。犬については結果を聞きそびれましたが、子犬のヨウヨウは健診後、問題なければ、ご縁があるかもしれません。

暑いため、参加の保護犬は少なめでした。

Dscn8032

Dscn8057

Dscn8027_2 

兄妹子犬 とても人懐こく、暑さで寝るだけの保護犬達にあって、営業を一手に引き受けて、愛想大サービスの2匹でした。

白(オス) ゼント & 茶 (メス) ヨウヨウ  ゼントは東京のボランティアが預かりましたので、名前が変更されるかもしれません。

Dscn8155

子犬 メス エレン

Dscn8074

子犬 メス エマ

Dscn8150

Dscn8038

子犬 オス 左(大きい子)は能活、右(小さい子)はヒデ

Dscn8100

ヒデ

Dscn8141

子犬 オス 航 火曜日の手術、がんばってね。

Dscn8168

Dscn8005

サラ メス (6-7ヶ月)

Dscn8044

Dscn8106

香乃子 メス 6-7ヶ月

 

Dscn8112   

みなと メス 8-10ヶ月くらい

Dscn8019

Dscn8011_2

めい太 オス 10ヶ月~1歳

Dscn8016

Dscn8043

あかり メス 3歳

Dscn8069

アニカ メス 4歳

Dscn8118   

Dscn8080

ロキシー  オス 薬のせいか、無表情でずっとじっとしていたロキシー でも、お散歩になったら元気よくひっぱってました。コーギーのオスの中でもビッグサイズですね。

Dscn8034

Dscn8070 

クロエ メス 6-7歳 腫瘍があるため、埼玉のボランティアさんのところでケアされることになりました。

Dscn8068

Dscn8036

ジュニパー メス 11歳 預かりボランティアさんのブログでは、要求吠えがにぎやかだったと書いてありましたが、ぜーんぜん、気がつきませんでした。西友の駐車場の遠くからも聞こえるア○カ嬢がいたから・・・・ 2か月前の衝撃的な初対面のときより、だいぶ皮膚の状態もよくなって、何と言っても表情がちがいます。

Dscn8130

Dscn8131

Dscn8132

Dscn8133

猫は、犬と同じ保護場所から来る子と、新座周辺の個人ボランティアさんの保護猫です。保護される子猫は、川から一粒の砂金を見つけるくらいの確率でしかありません。膨大な数の子猫が全国で処分されています。

自由に外へ出している飼い猫、外飼い猫、そして野良猫にご飯のお世話をされている方、どうか避妊去勢の徹底をお願いします。処分されるためだけに生まれる命をストップしてください。

↓ 画像 アラカルト

Dscn7997_2  Dscn8002

Dscn8006_2  Dscn8009_2

Dscn8013_3 Dscn8026_2

Dscn8046 Dscn8045_2

Dscn8028 Dscn8031

Dscn8049 Dscn8048

Dscn8071 Dscn8056

Dscn8059 Dscn8073

Dscn8083 Dscn8000

Dscn8088 Dscn8090_2

Dscn8115 Dscn8116_2

Dscn8103 Dscn8122_2

Dscn8154 Dscn8128

Dscn8166 Dscn8152

|

家族募集中 (8月19日は新座犬猫里親会の譲渡会へ)

画像を一旦削除します。(2008年4月3日)

大きな間違いをしていました。

6月30日の記事で 、 女の子と紹介した↓この方、男子でした。

 

ゆず太郎です。2歳くらい 去勢手術済み (14kgくらい)

(注:もしかしてちがう名前がついているかもしれません。確認して後で修正します。)

↓この子も6月30日に紹介した子 

ダレン 男の子 1歳くらい 去勢手術済み 小ぶりサイズ 

--おまけ--

↑デンゼルとエメ 

↑エメとデンゼルと桃 (デンゼルを撮ろうとして)

↑サムと横にちょっと写るエメ

デンゼルと後ろにちょっと写るエメ

↑トリーシャを撮っていたら

↑隣でしっかりポーズをとってスタンバイするエメ

誰かを撮っていると、必ず入ってくるエメ

じゃー、エメを撮るよと撮ったら

あくびするわけ?それはないんじゃない?

もう見飽きちゃったと思いますが、ちゃんとしたエメも。

エメ、新座へ来る車に、 (保護主さんの意思に反しても)、 自分からしっかり乗り込んでね。待ってるからね。譲渡会はココアとエメが盛り上げないとね。

↓私がココアです!!

 

8月19日(日) 正午から午後3時まで

旧川越街道 野火止大門交差点 西友横

建物の中なので、雨天でも行います。

      

僕のこと忘れてませんかー

ルーク 男子 2-3歳 去勢手術済み よろしく

|

次の日曜日(8月19日)は新座犬猫里親会の譲渡会です。

画像を一旦削除します。(2008年4月3日)

(画像はクリックすると大きくなります。)

 

このハンサムボーイは誰でしょう?
(後ろの白い3枚目エメのことではないですよ。)

いきなり、大人びた顔になってびっくりしてしまいました。

 

でも、こんなあどけない表情を見ると、面影がありますね。

 

↑6月の終わり頃に会ったときは、まだハナタレ坊主の域を出てなかったのですよ。

 

↑初めてあったのは4ヶ月くらいのとき

 

里親会での、ベソカキっこが、

 

こんなかっこいい男子になりました。

おどおどしたところはなくなって、カメラを向けるとレンズにぶっちゅとするくらいに、人間大好きになりました。

デンゼル オス 6ヶ月くらい 家族募集中です。
(ウルフと区別がつかない・・・どうしよう・・・)

ちなみに、↑がウルフ (白い子はひかり)

 

トリーシャも大人っぽくなりました。
メス 6-7ヶ月 避妊手術済み 家族募集中です。

 

初めて会った頃よりすらーっとしてきれいな子です。

819日の新座犬猫里親会の譲渡会に参加予定です。
ソフィアに続いて、幸せをゲットしようね!!

たぶん、この方も参加するのではと予想しています。


サム (本名はサムライ) オス 1歳くらい 去勢手術済み

人懐こい子です。つらい経験のある子のようですが、素直ないい子です。

生後6ヶ月くらい、大人っぽくなった香乃子、サラも参加すると思います。 (画像は華ちゃんママから拝借)

かのこはずいぶん足がのびてかっこいいですね。ころころ子犬だった面影がないので、おしえてもらわないと香乃子だとわからないくらいです。


かのこちゃんに似た子がもう一人います。間違えてこの子をずっと香乃子と呼んでいた・・・ (画像は華ちゃんママから拝借)

エメも参加するといいな。 (2,5歳 オス 去勢済み)
性格は・・・会って味わってください。

ここあ (2歳 メス 避妊手術済み)
ビリーに入隊するより、ここあと毎日10分遊ぶほうが効果大ですよ。


猫のミケランジェロは、娘のみーちゃんといっしょにご縁があり卒業したそうです。よかったね。

 

子猫も参加します。もし19日までにご縁がなければ、ロシアンブルーぽい子猫もいます。

819日、残暑が厳しいと思いますが、ぜひ新座犬猫里親会へいらしてください。医療費のためのフリマも開いています。

Niizachizu2_2 

|

がんばれ柏崎!!

中越沖地震で、店舗での販売ができなくなっている柏崎の皆様が、ネット販売でがんばっています。

http://www.e-cotte.com/

美味しいもの、雑貨など、ぜひご利用いただき、復興のためがんばる柏崎の皆様を応援してください。

ジュリビチェ寒梅ミミランスママのブログで、被災地でがんばる方の様子も紹介されています。

寒い冬が来る前に、落ち着いた環境が整うように、義援金等のご協力をお願いします。

|

残暑お見舞い申し上げます

Img_3916

Img_3947

Img_3918

Img_3917

Img_3919

Img_3927

Img_3950

Img_3933

Img_3929

蝉の声が大盛況中ですね。猛暑が続いていますが、夜は7時になると暗くなるので、日は少しずつ短くなってきているようです。

マーシャは毛が長いので、見た目はわかりませんが、とてもやせてがりがりです。特に腰から後ろは触ると骨が飛び出ているような感触です。短毛だったら、食事をあげてない虐待飼育と間違われると思います。逆に、長毛の子は、がりがりでも見た目ではわからないので、餓えていても気付かれない子もいるのかもしれません。

先週、ちょっとだけ生食を試してみました。アリョンパはドライは残して生食のものをほとんどたいらげ、ウンチも変わらず、大丈夫そうですが、マーシャには生のお肉は口にあわないようです。(野菜は生でも加熱でも食べない。)マーシャは老犬ですし、処方食を食べさせているので、生食にする必要はないというか、しないほうがいいのだと思いますが、ちょっとどんなかんじか見たくて上げてみました。

アリョンパはドライだけだと、あまり食が進まないので、ドライと生食を混ぜて上げて見ようかと思っています。

|

お散歩

土曜日の夜から妹の家に行き、日曜日の朝5時のお散歩風景です。

Osanpo_3928_4   

Img_3924

フィリパは、妹宅のルディといっしょに、快活な歩調で歩きます。

フィリパは朝の短いお散歩で犬に会うと、遊びたがるのですが、みんな小型の老犬なので、お友達になれません。妹の家では、ルディを誘うのですが、ルディは他の犬に慣れてなくて、逃げるばかり。フィリパはしつこく追いかけますが、遊んでもらえません。お散歩ではいっしょに歩けるのでお友達になれたと思うのかうれしいみたいです。

Osanpo_3912_2 

(パジャマのズボンのままで、寝起きの妹の髪は後ろから見るとすごいので、いい画像ではないのですが、フィリパの後姿がかわいいので、修正してまで載せたい1枚)

Img_3926

アリョンパはカートといっしょに私がリードを持ちました。こちらもうれしそうに歩いてました。

Img_3910 

お散歩スタンバイ中のマーシャ

このお散歩の後、ルディは、KAZパパとお散歩に行き、我が家の子たちは、我が物顔でお庭でのんびり。

Img_3967

Img_3964

Img_3942

Img_3958

Img_3961

昨日は用事があって、妹宅に長時間預かってもらいました。アリョンパは夕方のお散歩には行かなかったらしいです。帰りが予定よりだいぶ遅くなってしまい、妹の家族にも迷惑をかけてしまいました。アリョンパはずっと心細そうにしていてかわいそうだったそうです。

マーシャは妹とKAZがカートを押してお散歩してもらったそうで、1日に2回のお散歩に満足してくれたらうれしいです。

Img_3936

この方は、KAZパパがルディといっしょにリードを持ってくれましたが、元気に歩いたそうです。屈託ない性格でよかったです。でも、KAZのおもちゃを破壊したらしい・・・

|

お稲荷姉妹

明日はブログを更新しませんので(そう書くと、いかにも毎日更新しているみたいなので、よくないですね。)、これは明日の分の更新です。

Img_3894

Img_3879

Img_3890

Img_3870

Img_3876_2

姉妹というより、母娘のようです。フィリパの相手は大変だと思いますが、

Img_3908

ほっぺを噛み付かれてひっぱられても、狼爪を咥えられても、うれしいそうです。

Img_3886

(首、噛まれてますけど・・・)

Img_3904

無用の産物だった石板は、フィリパが愛用してくれてようやくその任を果たせています。

Img_3907

寝るときは大概この上です。教えなくても、自分で冷たい場所を見つけてサバイバルしているしっかり者です。

|

情報集め

マーシャ11歳のお誕生日を機に、そして、最近のボケかな的な行動を見るにつけ、真剣に老犬介護のことを思っています。

以前にもブログで書きましたが、今は老犬介護の本がたくさん出ています。私も選びに選び、1冊購入してあります。

最近は、時間があれば、老犬介護のサイトを覗いています。実体験を紹介してくれているブログはとてもありがたいです。みなさん、いろいろ工夫しています。

徘徊が始まったらビニールプールを使うとか、調味料入れで食事を与えるとか、ペットシーツをぬらして冷やしてあげるとか、寝たっきりになったら、ベビーベッドが介護しやすいとか、勉強になります。

いろいろ見すぎて、どこに書いてあったのか忘れてしまったのですが、とにかく、なるべくそばにいてあげること。スキンシップをとってあげること。

Img_2456_2

そして、昨日出会ったこのサイト、涙を流して、そして時に笑いながら拝見させていただきました。漫画 老犬介護日誌 内容もさることながら、このサイトを見て、漫画がすばらしい表現方法であると思いました。

9月に老犬用マッサージとアロマテラピーのセミナーがあるそうなんですけど、どうしようかなーと考え中です。セミナーに行かないで、マーシャの足が悪くなったときに、犬友から資料をいただいたし、本も出ているので、それを見てやってみようかなと思ったりして迷っています。

実家の猫のために獣医さん(当時は家畜用の獣医さん)を呼んで、薬を飲ませて注射をしたことが、この世始まって以来の特別の出来事だった祖母が聞いたら信じられないですね。犬のためのマッサージとか、アロマとか。

祖母にアロマテラピーをしてあげればよかったと思います。当時はそんなこと思いもしませんでしたが、背中でも手でもマッサージしていい香でリラックスさせてあげることを、知らなかったというか、老人介護に結びつけることはなかったです。介護する母のために、ネットで、役立つ情報を見てあげることもしなかったのですが、きっと老人介護もアロマテラピーとか、ホリスティックケアとか進んでいるのでしょうね。

|

日々成長中

食べて寝て暴れて、大きくなっています。

久しぶりの動画です。これは、静かなパターンです。普段のトムとジェリー版は、狭い部屋中、猛スピードで駆け回るので、撮れません。

|

色違い

Img_3820

Img_3854

足先が白い (ソックスの長さもほぼ同じくらい)。

Img_3819_2

Img_3855

巻き尾で、先が白い(筆のよう)。

Img_3818

首の後ろに白い毛が入っている (形はちがいますが、アリョンパもそう)

胸が白いところも同じ

  Img_3809

Img_3853

フィリパが我が家に来てすぐに、まるでアリョンパのミニチュアだと思いました。

耳の形から、尻尾の形、アーモンド形の目、特にお顔の、消えそうなかすかな白いラインがそっくり。耳の形はちょっとちがうんですけど、立ち耳なのは同じ。(フィリパの耳を見るたびに、微妙に反り返っているのが、デビルマンを思い出させます。)

色違いのペアは、性格も似ています。具合が悪かったとき、残したフードの上に、一生懸命敷物をかぶせようとしたときには、まるでアリョンパの仕草そのもので驚きました。

Img_3847

寝相だけちがいます。

|

先週末

Img_3821

フィリパはお散歩が大好きで、私の顔を見ながら、うれしそうに歩きます。まだ、家の周りを歩くだけの短いお散歩ですが、来月に入れば本格的に始められそうです。問題はないと言いたいところですが、お散歩後、家に入るのを嫌がって、ふんばります。抱っこして入っています。お散歩が長くなれば、解決できるでしょうか。まだお外でのおトイレはしません。

Img_3827

日曜日に、犬用ケーキを作ってみました。トコトコ歩く犬!で紹介されている炊飯器で作るバナナチーズケーキに挑戦しました。材料も作り方もとてもシンプルで気楽に作れちゃいました。でも、わざわざ炊飯器で作らなくても(2度焼きになってしまいました)オーブンで蒸し焼きするほうがよかったかも。
Img_3810

さて、ケーキ作りと書くとなんだかちょっと優雅っぽいですが、いつもダラダラ怠ける週末になります。

週末にやろうと計画してそのまま放りぱましにしていあるものがたくさんあります。そういった物のために、片付けないでいろいろなものが床に放置されています。先週末は、なんとか放置してある計画から一つだけ達成できました。それは、マーシャのペットシーツ作り。

初めて作成したペットシーツは、テーブルクロスと大きめのバスマットを重ねて作ったもので、バスマットは外国製のぶ厚いものだったので、サイズは小さいですが、丈夫です。
それが小さかったので、次に作成したものは、市販されてないくらい大きなものにしようと、(ペットシーツを自分で作る理由は、大きいサイズはお高いからなわけで、わざわざ自分で作成するからには、大きいものを作ればお特だというみみっちい考えなわけで・・・)2メートルのテーブルクロスとタオル地のシーツ(中古)を重ねて作りました。しかーし、大き過ぎてミシンがけ大失敗でした。それでも使用していますが、薄地のシーツは耐久性に欠けまして、マーシャがぼろぼろにしてしまいました。最近マーシャは、タオルケットもぼろぼろにしてしまいます。(どこか痛いのか、不安です。でも、お散歩のときは落ち着いて、ご機嫌です。単なるボケでしょうか。)

この経験から、3回目のペットシーツはそこまで大きくないほうがいいと、半年前にレインコート用の布を1・5メートル購入してありました。それに、パイル地のボックスシーツ(母からもらったけど、布団用のボックスシーツは使わないし、敷物にも使えない)2枚を、ゴムの部分をとって、平にして1枚だと薄いので、2枚重ねて作りました。

私は仕事が丁寧ではなく、根気もなく、出来上がったものはとても雑なものです。しつけもせず、1辺だけまち針りを打って、ミシンがけして、また次の1辺という手抜きで作りました。(なので、最後の辺は、ずれあって、うまく行きませんが、しわのままミシンをかけます。)

まち針を打つたびに、床に布とシーツを広げて重ねて端を三つ折するのですが、フィリパが、おもちゃを持って、布の上でくつろぎます。何度どけても、布の上に乗ります。敷物の上が自分の場所と思っているみたいです。

ついでに、2回目の作品のぼろぼろになったものを、2つに切って、ぼろぼろの布の上に、マーシャがぼろぼろにしたタオルケットを切り取って、重ねてリサイクルしました。
やはり床において、まち針を打っていると、フィリパがその上に乗ってきます。切り口はそのままで、本当にぼろっちいつぎはぎペットシーツですが、1枚が2枚になって、またしばらく活躍してもらいましょう。

たまっているトールペイントもあるし、おととしの冬に買った毛糸もそのまま・・・・
下手で雑なわりには、手作りしたくなるおかしな性格のせいで、家の中はごちゃごちゃです。そして、整理整頓の本を買ってはため息をついているわけです。

フィリパはわが道を行くというかんじで、元気にしています。自立心が旺盛な子です。
ただ、寝ているときの苦しそうな声は続いています。

|

昨日の朝の出来事

フィリパの食事は、処方食が終わり、ドライフードをそのまま(ふやかさないで)に、いただいた離乳食用フレークをおかゆ状にしたものを加えたバージョンに変わりました。
昨日の朝は、前日のケーキで、食べ物の味の違いを認識したのか、フレークおかゆはパクパク食べましたが、ドライフードを残しました。食べ残した食器の周りに、アリョンパが近寄り、いつものじゃれあいが始まったと思っていたら、フィリパがギャンギャン威張りだし、普段は余裕のアリョンパがそのときはマジ怒りしだし、喧嘩になると思った瞬間、どちらかの足が食器を蹴って、食器がひっくり返り、フードが床にばら撒かれました。慌てて2匹して、床に落ちたフードをもくもくと食べだしました。床に落ちたものを食べるなら、食器にの中に入っているときに食べてほしかったけど・・・喧嘩が流れて安心と言っていいのかどうか・・・

フィリパは、人間のパンをもらうことを覚えてしまい、いけませんねー。人間が食べているともらえるものと信じて離れないので、おととい、ペット用の小さなパンを買って、昨日の朝、人間のパンと同じお皿にそれを入れて、テーブルに置きました。

玄関にカメラを置き忘れたままであることに気付き、取りに行って戻ると、フィリパがパンを食べていました。ペット用の小さなパンを、悪びれることもなく、まったく自然に。隣の大きなバターロールではなくて、どうしてペット用のパンをとったのでしょうか。位置的にはバターロールの方が手前で取りやすかったのですが、小さいほうが咥えやすかったのでしょうか。

先日のおもちゃのプレゼントのときもそうでしたが、フィリパに上げるとか、フィリパのものだよとか言ってないうちに、さっさと自分の物としてもって行くのはどうなんでしょう。ほしいものは自分のものと判断して、躊躇なく持っていくところが不思議です。

テーブルには、2本足で立って背伸びしてやっと口が端っこに届くので、たぶん椅子を使って余裕でお持ち帰りしたのだと思います。ちなみに、マーシャが以前、私のハニートーストを食べたときは、(朝食をセットしてPCをチェックに行く私が馬鹿なのですが)ガチャーンとすごい音がして、コーヒーが全部こぼれていました。マーシャは、いけないとわかっていながら、挑んだので、相当慌ててパンをとり、横のマグカップにぶつかって倒したのです。

フィリパは、悪いことと思わず(たぶん)、慌てることもなく、静かにパンだけをピックアップして、他の被害はありませんでした。

Img_3747

ちょっとだけ、お散歩を始めています。怖がりもせず、尻尾も上がって、楽しそうな顔で歩きます。家に着いたら、入りたくないと駄々をこねて、またちょっと歩きました。お散歩好きになりそうです。

Img_3763 

Img_3766

ドライフードになってから、ウンチの状態がよいです。

フィリパは保護犬なので癖をつけないようにドライフードONLYのつもりでいますが、最近巷で流行の生食に興味深々です。アリョンパにどうだろうかと考えています。でも、エンゲル係数が相当高くなりそう・・・・お世話になっている獣医さんは、手作りフードには反対で、ドッグフードがいいといいますしねー。

|

8月2日 マーシャ11歳のお誕生日

今朝、老犬がんばれ台帳の管理人さんから、お誕生日のお祝いメールが届き、今日がマーシャの誕生日だと思い出しました。

ここしばらく、夜鳴きが続いて悩んでいた中での、11歳のお誕生日です。マーシャが今一番好きなことは、カートのお散歩です。夜鳴きや排泄のこと、目やにがひどいのに、目薬を嫌がってささせないことなど、ネガティブになることばかりに気を病むのは止めて、マーシャが好きなことをする時間をもっととって、ゆっくり穏やかな日々を過ごさせたいと、気持ちを新たに思いました。

ハモニカ横丁の犬のケーキ屋さんで、閉店間際の最後のケーキを3つ買いました。よかった、3つ残っていて。

Img_3732

パンプキンケーキが2つとバナナケーキが1つ。私もちょっと味見しました。淡白な味ですが、なかなかです。

Img_3736

パンプキンはマーシャとアリョンパに、

Img_3735

バナナはフィリパに。でも、どちらもちょっとずつ切って、みんながどれも味見できるようにしました。

Img_3357

Img_3350

一応、朝はお供にお稲荷さんがついてのお散歩ですが、このお稲荷さんは、6軒分しか歩きません。6軒歩くと、変形十字路になって、そこの停止線で左右を見てから、ダッシュでUターンするのが日課です。

Img_3351

Img_3377

マーシャ、11歳のお誕生日、おめでとう。丁寧なケアをしてあげられなくてごめんね。

マーシャのために少しでもたくさん時間をとるように努力するからね。

|

元気です。

Img_3716

元気というか、騒がしくなってきました。声を出すと大きくて響きます。

アリョンパに自分から遊んでと誘います(無理やり後ろ足を咥えてアリョンパに相手をさせる)が、興奮したアリョンパに負けそうになると、マジ切れして、首の後ろの毛を逆立てて、すごい顔で、唸ります。アリョンパは余裕で、それを面白がっています。

アリョンパは大喜びです。ウランが卒業してから消えていた笑顔も復活。笑顔というと清清しいですが、実際は、ニタァーとした顔をしています。

Img_3722

自分から誘っておきながら、マジ切れする勝気なお嬢さんは、プロレスもたけなわのときに、いきなりやめて、すたすたとオシッコしにトイレに走ります。そのあとまた何もなかったように続きのプロレスをします。アリョンパは、マメ君(航ちゃん)のときもそうでしたが、おトイレが終わるのを待ってあげます。

フィリパとアリョンパの遊びは、トムとジェリーのようです。フィリパは、アリョンパを誘い込んで、走ってくるとお椅子の下に隠れます。いたずらっこそのものの仕草がとてもかわいいです。

日に日にお転婆ぶりを発揮しているフィリパは、朝、人間を起こすときも、ダイナミックになってきました。

フィリパを応援してくださっている皆様、元気に過ごしています。油断しないように気をつけながら、検査を待ちます。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »