« 「老親介護は突然やってきた!」 (宣伝) | トップページ | Déjà vu »

動物の処分方法に関する指針改定のパブコメ

環境省で、動物の処分方法に関する指針の改定案のためのパブリックコメントを実施しています。締め切りは9月7日(金) 

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8665

「動物の処分方法に関する指針」は、やむを得ず動物を殺さなければならない場合の必要な事項として定めたものです。昨年10月に制定された「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」等の告示類では、「処分」という概念には、返還や譲渡が含まれることが明記されており、今回本指針もそれらに合わせて、文言を整理するものです。 (環境省のサイトからの一部抜粋)

以前よりはボランティア等への譲渡が増えているとはいえ、処分0にはならない現状です。苦しんで殺される犬猫が、せめて苦痛のない静かな眠りにつけるよう、処分方法が、言葉だけの安楽死とされるガスによる虐殺ではなくなるよう、どうか、多くの方から環境省へ訴えていただきたく、お願いいたします。

|

« 「老親介護は突然やってきた!」 (宣伝) | トップページ | Déjà vu »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「老親介護は突然やってきた!」 (宣伝) | トップページ | Déjà vu »