« 鈴ちゃん(帆希) トライアル便り | トップページ | 風邪を引いてしまいました »

アッサムが旅立ちました。

昨日、実家のアッサムが永眠しました。

眠るようにして逝ったそうです。2-3日前から具合が悪くなり、病院に通っていることは聞いていましたが、昨日、点滴を打ってもらい帰宅して数時間後に亡くなったそうです。

Assam23_2

12歳と5ヶ月、バーニーズにしては長生きだと思います。両親の家に来て8年、最初の飼い主と暮らした年数の倍を両親と過ごして、最後は両親に看取られて、悪くない生涯だったと思います。

アッサムと初めて会ったのは、マーシャが1歳の夏でした。その年の春に、千葉から越してきた家族が飼っていて、小さな子供がいる家族で、子供がお昼寝をしている間に短いお散歩をしていて、そのお散歩のときに、マーシャと同じ犬種ということで、父が声をかけて、私が夏に初めて会うより前に、父とは顔見知りになっていました。

マーシャより1歳年上で、10月生まれだということをそのときに聞きました。それが縁で、その家族が夏に千葉へ帰省するときに、両親がアッサムを預かるようになりました。それからしばしば、預かるようになったのですが、帰省から戻って何日経っっても、迎えに来ないことが続き、だらしないところが見え始めました。

二人目の子供のお産の年は、長い預かりになりました。その家族の若い父親は、新しい仕事について前借りしては、仕事をしないで辞めることを繰り返し、若い奥さんが近所にお金を借りに回り始めました。借家代も払えないのに、大きな新車を買ったりするような父親でした。奥さんがお産で実家に戻っている間、一人で暮らせず、半年近く、アッサムを私の実家に預けて、奥さんのもとへ行っていたわけです。

二人目が生まれてからは、奥さんがアッサムのお散歩をできるわけでもなく、ときおり、心配になった私の父が寄って散歩させたり、犬仲間の人が散歩させたり、借家の大家(さんはつけません。)がしてあげることもあったようです。アッサムの飼い主であるその家の父親は、仕事しないでパチンコ三昧だったと聞きました。

アッサムは室内用のゲージを、外に置いて飼われていました。(軒下だったので雨はしのげてました。)排泄だけのために出される以外は、ほとんどをゲージの中に丸まって過ごすし、夜だけは家の中にゲージごと入れてもらってましたが、奥さんが子供を連れて出て行ってからは、夜もそのままだったようです。

一度、ゲージがちゃんと閉まってなかったらしく、アッサムが脱走して、私の実家へ来たことがありました。その頃はまだ奥さんがいたので、連絡して迎えにきてもらいました。また、犬仲間の人がアッサムを散歩させている途中で私の実家に寄り、アッサムが帰りたくないと伏せて、動かなくなったりして、両親にとっては特別の思いをもたせる犬でした。そういうことがあり、父は、「アッサムがこの家を選んだ」といいます。

奥さんが去った後は、私の父が見に行くと、暑い日中、外のゲージにいるので見かねて、勝手に連れてきて、涼しくなってから戻すということもあったようです。

それからまもなくして、近所の食料品店のおばさんが、ここ2-3日、アッサムの鳴き声が普通ではないと、私の両親に連絡してきて、すぐに父が見に行きました。話を聞くと、数日前から、飼い主は戻ってきてないようで、借金取りらしき人が何人もうろうろしていたとのことで、夜逃げしたものと見られました。そのままにしておけず、アッサムを連れて戻りました。黒い毛が茶色に変色し、腰が曲がっていたそうです。

アッサムは、置きえさ方式で、お皿のフードがなくなると足すというやり方をされていたため、食が細いのですが、そのときは、マーシャが食べなかった缶詰が残っていて、それをがつがつ食べて、通常の3倍の量でも足りなかったそうです。

その後、旅行から戻った借家の大家が、千葉の実家にいる奥さんに連絡をすると、犬はもらってほしいとのことで、大家は、私の両親が引き取らなければ保健所に渡すだけだと言いました。その言葉は不愉快であっても、アッサムがかわいそうだから、アッサムのためにと、両親の子になりました。それがアッサム4歳の誕生月の10月のことでした。

外から見ると、両親が引き取るのが自然だったと思いますが、両親はそうは思ってないようです。

慣れた家に引き取られたので、ストレスは少ないと思いますが、最初の1ヶ月は、母から片時も離れず、洗面所で髪を乾かす間も後ろにくっついていて、びっくりすると言ってました。

Assam87_2 

アッサムは、前の飼い主に、最初の2年くらいは可愛がられていましたし、しっかりしつけも入っていました。両親の家に来てからは、我儘になっていましたが、家族以外の人には相変わらずお利口な、穏やかな犬でした。親戚の人、近所の人、多くの方に可愛がられていました。(保健所に渡すと言ったあの大家も、あっちゃん、あっちゃんと頻繁に会いにきてあきれさせていたそうです。)

Msaaasm66

夜も外に出されていたせいか、雷の音に対してパニックになるため、両親は眠らず、暴れるのを抑えていたり、苦労もあったと思いますが、アッサムとの暮らしは、祖母の介護中心の生活を和ませるものだったと思います。

車が大好きで、両親の会話を全部聞いていて、車で出かけることをすぐに察知し、乗るまで父から離れなかったり、お母さんはいる?と訪れる人を、母のところに案内したり、人間のような犬でした。人間臭いのがバーニーズの特徴でもありますが。バーニーズにしては、寒がりで冬はコタツで寝ていましたが、今年の冬は絶対に部屋に上がることを嫌がり、冷たい土間から動かず、母は介護が大変だったようです。

この8年の間に、介護していた祖母も亡くなり、母方の祖父母も急死し、通報してきたお店のおばさんも亡くなり、そのお店もなくなり、あの大家も亡くなり、預かっていた頃からずっとアッサムを可愛がってくれた伯母は、痴呆がすすみ、誰のこともわからなくなりました。私は、マーシャの足が悪くなってからここ2年は戻っていません。アッサムに会ったのは3年前の夏でしょうか。

去年の動物愛護週間で、模範的飼い主の賞状をもらったことも、両親にはいい思い出になりました。父は子供の頃、犬を飼っていましたが、母にとっては、60を過ぎて、初めて飼った犬で、最初で最後の犬です。

アッサム、不思議な縁で両親の子になったけど、たくさんの思い出をありがとう。もう天国に着いていたら、すぐにアネットを探してね。そして、遠くない将来、マーシャが行ったら、マーシャのこと、よろしくね。弱い子だから、守ってあげてね。

太郎ちゃん、小次郎、チャコちゃん、キングちゃん、アレックス、ピーチちゃん、パティちゃん、マックス、みんなと楽しく過ごして、私たちが行くまで待っていてね。猫のチロを見ても、追いかけないでね。

|

« 鈴ちゃん(帆希) トライアル便り | トップページ | 風邪を引いてしまいました »

老犬と過ごす日々」カテゴリの記事

コメント

決して長くはない生涯の前半を浮き沈み激しく過ごしたアッサムちゃん…
それもすべて本犬の意志とはまったく関係なく勝手なニンゲンのせいだと思うとすごく悲しいですね。
月並みな言い方ですがご両親の家族になってから
本当に幸せな犬生が送れて心からよかったと思います。
どうぞ、安らかに。天国で笑顔で過ごしてね。
ご両親様にも頭が下がります。どうぞお力落としのないように…。

投稿: ナツ | 2008年3月20日 (木) 14時55分

アッサムちゃんのご冥福をお祈りします。
マーシャさんのご両親に引き取られ、最後まで看取ってもらって幸せでしたね。
それに12歳5ヶ月、よく頑張ったよね。
我が家のチャッキーさんは10歳で天国に行っちゃいましたから。
アッサムちゃん、天国でみんなを見守っていてね。

投稿: チャキママ | 2008年3月20日 (木) 17時07分

アッサムちゃん、もう天国に着きましたか?
身勝手な人間に振り回されて、悲しい思いも沢山しちゃったけど、アッサムちゃんが望んだパパママの元で過ごした8年間は大事な思い出ですね☆
犬を飼う事、ましてや大型犬を飼う事はとても大変ですよね。
マーシャママさんのご両親も、苦労された事もあったと思います。
アッサムちゃんが亡くなった事はとても悲しいですが、ご両親の温かい愛情に胸が熱くなりました。
どうか、お気を落とされずご自愛下さい…

投稿: パルママ | 2008年3月20日 (木) 20時29分

アッサムちゃんの犬生いろんなことがあったけど、頑張ったね。
お疲れさま。
天国でのんびりしながら、皆のこと見守って頂戴ね。
ぽん太と会ったら宜しくね。

お父様&お母様、アッサムちゃんを飼って下さってありがとうございました。
どうかお気を落としませんように・・・

マーシャちゃん、アッサムちゃんの分も長生きしてね。

アッサムちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: まるぽこの母 | 2008年3月21日 (金) 14時24分

アッサムちゃんのご冥福をお祈りします。

人間の勝手で振り回される犬達、
アッサムちゃん運命の家族に出会えて
幸せな犬生を送れて良かったね。

犬から教えられる事、そして犬達と生活していて救われる事の多いこと・・・・私も痛感しております。

マーシャママ、そしてご両親、お気を落とされずご自身を大切にしてください。

マーシャちゃん、まだまだ、長生きしようね。

投稿: レイレイ | 2008年3月21日 (金) 16時16分

アッサムちゃん、ご両親に看取られて良かったですね。私は、ティポの最後に一緒にいて上げられなかったことをいまだに悔やんでいます。本当に、可愛そうなことをしてしまいました。なので、アッサムちゃんは最後までご家族といられて幸せだったと思います。さびしい日々が続くと思いますが、どうかお気を落とされませんように。アッサムちゃん、ティポにあったら、よろしくね。

投稿: フィーちゃんママ | 2008年3月22日 (土) 15時50分

アッサムちゃんのストーリーを拝見し、涙が止まりません。ご両親に巡り会えたことが、アッサムちゃんにとって本当に何より良かったです。ご冥福を心よりお祈りします。

投稿: めぐろのいぬやしき | 2008年3月24日 (月) 12時32分

ナツ様
うちの両親は、動物愛護の精神でアッサムを家族にしたのではないので、ボランティアからワンちゃんニャンちゃんを迎える里親さんとはちょっと違うんですよ。ナツ様とオット様こそ、美月ちゃんを家族に迎えて、100%健康ではない美月ちゃんを、大切にしてくださって頭が下がります。

投稿: マーシャママ | 2008年3月27日 (木) 23時26分

チャキママ様
バーニーズは7歳が覚悟の年と言われて、7歳以降の1日1日が神様からの贈り物なのだそうです。アッサムは、命だけでなく、たくさんの人に可愛がられて、神様がひいきしたようです。

投稿: マーシャママ | 2008年3月27日 (木) 23時29分

パルママ様
アッサムはどんな飼われ方であったとしても、最初の飼い主を愛していたので、辛い思いは、いなくなった数日だけだったかもしれません。でも、私の両親の家族になったことは、アッサムも満足してくれていたのではないかと思います。里親を探せば見つかったかもしれないのですが、たぶん両親はどこにも出せなかったと思います。

投稿: マーシャママ | 2008年3月27日 (木) 23時46分

まるぽこの母様
アッサムにはボーイフレンドがいたのですよ。ヨーキーのマーシーといいます。きっと、ポン太君と気があっていっしょに遊んでいると思います。
実は、私の母は、動物嫌いだったのです。でも、何故か犬に好かれてしまい、アッサムも母が一番で、母もとても動物嫌いだった人には見えない愛情のかけ方でした。不思議ですね。

投稿: マーシャママ | 2008年3月27日 (木) 23時54分

レイレイ様
運命の家族、不思議ですね。もし、アッサムがバーニーズでなければ、両親と知り合うこともなく、私がマーシャを飼っていなければ、アッサムと出会うこともなかったのですよね。アッサムは、両親の生活にいろいろな変化をもたらせてくれました。

投稿: マーシャママ | 2008年3月28日 (金) 00時01分

フィーちゃんママ様
ティポ君は、とっても幸せだったから、天国でご家族を見守っていますよ。フィーフィーは、ティポ君がお家に残した温もりに守られていると思います。
両親は、いまだにアッサムがいたときのいろいろな習慣が出て、そのたびに、あーいないんだと実感するらしいです。

投稿: マーシャママ | 2008年3月28日 (金) 00時06分

めぐろのいぬやしき様
アッサムが前の飼い主と暮らしていた最後の2年は、かわいそうだけど、どうしてあげることもできないという思いでいました。でも、今は、当時のアッサムより悲惨な環境で生きる犬や猫のことを知り、また不幸な思いを2度とさせないために、時間と労力をかけて家族探しをする活動を見ると、アッサムと両親の縁は、アッサムの辛さも最短でしたし、(いい意味で)安易なものだったなと思います。

投稿: マーシャママ | 2008年3月28日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴ちゃん(帆希) トライアル便り | トップページ | 風邪を引いてしまいました »