シャンタル

不思議なチャッカリ屋さん

シャンタルのことを、「いいこ」とか、「素直」とか、「人懐こい」とか、普通に書くことにちょっと抵抗があるんですよね。
文字では表せないのです。シャンタルに会うと、それらのどの言葉も言い足りないということがわかると思います。
会わないとわからないかわいさというか、ブログでの紹介にギブアップです。

Img_0003

去勢手術後のヘイミッシュを迎えに行ったとき、先生がヘイミッシュのことを「とってもいい子ですよ」とおっしゃいました。その後に、予想しない言葉が。
「へいちゃんはいい子ですが、昨日来た子は特別ですから」 何のことかわからず?? ようやく、「あー、シャンタルのことですか」

前日、検便のため、シャンタルもいっしょに病院に行って、看護師さんや先生に甘えまくっていたのでした。シャンタルは、「かわいい、かわいい」と言われ、病院の皆様の反応もちょっとちがいます。ドッグランでも、驚かれるほどの誰彼なしの甘えっこぶりです。こういう子が看板娘だったら、評判のお店になりそうと思われる子です。チップをたくさん集めそう。

気が強いところは見せないのですが、我を通すのが上手な子です。
アリョンパは、下宿っこのおもちゃをいつも取り上げるのですが、シャンタルは唸りもせず、無邪気にただ遊ぶだけですが、絶対におもちゃを奪われることはありません。

日曜日のドッグランでも

仲良くお水を飲んでいるハスキーさんたちに割り込んで、平気な顔してちゃっかり飲んだり、

Img_0104 

犬がそばに来るのを嫌うマーシャの横にくっついて、マーシャもなんだか??の状態です。(ヘイミッシュには、すごい顔で追い払います。)

Cm0007_2 

Cm_0197_3   

マーシャのそばが安心なのか、おやつを食べるときも、休息中のときも、マーシャの横を自分の場所にしているようです。

Cm_9985_2

人間にも、犬にも、うまく説明できない不思議な特別な子です。 

| | コメント (6)

またまたドッグラン

お知らせ happy01

フィーフィー(フィリパ)のママさんがブログをスタートしました。

フィーちゃんのお転婆な日々 です。3人のお兄ちゃん達の成長記録とフィーちゃんのかわいい暴れん坊ぶりが綴られていく日記です。ぜひ、遊びに行ってくださいね。

---------------------

ヘイミッシュが、去勢手術で留守の日曜日の朝、シャンタルはヘイミッシュのことなどまったく思い出すこともなく、寂しがることもなく、一人のお散歩を楽しみました。

2回目のドッグラン、いつも同じ時間なので、メンバーもだいたい同じです。

Img_0038

Img_0101

Img_0089

カメラの設定がよくなくて、ほとんどの画像が白くなってしまいました。

Img_0045

Img_0155

Img_0023

Img_0127 

Img_0066

Img_0159

Img_0075

Img_0138

Img_0128

ハスキーさんたちといっしょにいると、シャンタルが樺太犬に見えました。

Img_0073

↑お気に入りの一枚 (クリックして大きい画像でどうぞ)

シャンタルは、避妊手術が済むまで家族募集を保留にしています。ブログデビュー前に、シャンタルの画像を送って、ご紹介させていただいたご家族がありますが、そちらからお見合いのご希望がなければ、手術後、家族募集を開始する予定でいます。現在、中途半端な状況ですが、ヘイミッシュ同様、応援してくださるとうれしいです。

ヘイミッシュは家族募集中です。よろしくお願いします。

お問い合わせは、marshakatie@yahoo.co.jp まで。

| | コメント (4)

ドッグラン シャンタル編

先週末のドッグランでの様子をアップしようと思っていたら、もう週末になってしまいました。

その上、カテゴリーをヘイミッシュとシャンタルに分けるため、同じ記事を2回掲載します。まずは、シャンタル編

Img_9797

最初は、小さいランで2匹だけで遊ばせたのですが、シャンタルが隣の大きなランにいるワンちゃんの方に行きたがるので、ほんの数分ですぐに大きなランにジョインしました。

Img_9807

Img_9878

入るやいなや、わんちゃんと飼い主さんたちの方へいちもくさんに走って行くシャンタルでした。みんなにお腹を見せて、すごい人懐こい子と言われていました。

Img_9954 

Img_9926

赤いバンダナのハスキーさんは、2歳のお嬢さんで、遊ぶのが大好きな子。

Img_9843

こちらのハスキーさんも同じくらいの年齢で、いつもとっても仲良しハスキーさんたち(別々の飼い主さん)

初めてのランを、満喫して大満足のシャンタルでした。

(帰るのをいやがって、大変でした。)

Img_9870

Img_9897

Img_9856

Img_9869

Img_9938

Img_9947

Img_9929

| | コメント (0)

お姫様

現在は家族募集をしていない下宿っこのシャンタルですが、我が家に来て2週間の様子を紹介をさせていただきます。

年齢: 1歳くらい (1歳未満ではないかと思います。)
犬種: 雑種
体重: 12kg 
健康状態: ワクチン済み、フィラリア(-)

隔離していた最初の1週間は、おトイレは朝晩のお散歩のときのみで、粗相はありませんせした。ワクチンが済んで、リビング解禁となりましたら、翌朝には、教えてないうちに、室内おトイレを覚えて、オシッコは室内トイレでもするようになりました。大きいほうはお散歩のときのみです。(今のところ)

Img_9614

無駄吠えがなくて、声だけで言えば静かですが、元気いっぱいのお転婆さんですので、どたんばたんと騒々しいです。(注: ヘイミッシュやアリョンパと遊んでいるときだけです。)まだ子犬の域を出てない年齢かと思いますので、仕方ないと思いますが、破壊いたずらは結構やってくれます。ヘイミッシュはお留守番のときにしますが、シャンタルは人間が寝ているときになさいます。被害は室内履きと椅子と階段カーペットです。(今のところ)

Img_9622

とってもかわいくていい子ですが、一つだけ大問題があります。それは、お散歩の引きです。犬ぞりどころか、馬場レース並みの引っ張りです。その上、人間大好きで、老若男女を問わず、通る人全員に飛びつこうとしますので、それを止めるのが大変です。人だけでなく、自転車やバイクにも挨拶しようとします。犬にももちろんご挨拶したくて、すごい勢いで突進しようとします。5分で、体中が暑くなり、とってもとっても大変なお散歩です。お散歩訓練には時間がかかりそうです。

Img_9663 

そんな馬力娘ですが、我が家では「お姫様」と呼ばれています。その理由は:

1) 食事がおしとやか
ドライフードだけですと食べないのです。保護直後はドライでもなんでも食べるとのことでしたが、我が家で最初の食事のときは、ドライを3分の2ほど食べて、残しました。そのあとは、なかなか食べてくれず、具合が悪いのかと心配したのですが、ドッグ用のお菓子などは喜んで食べます。缶詰をトッピングしましたら、缶詰だけ召し上がりました。ドライだけのときは、器を持ってあげるとなんとか半分くらいは食べます。また、その食べ方が、一粒ずつよく噛んでお召し上がりになりますので、とても時間がかかり、器をお持ちする召使はひざが痛くなるのです。お菓子の食べ方もそっと上品でございます。(アリョンパも食に関しては上品なんでございますのよ。)ヘイミッシュは、ピラニアタイプで、お菓子を上げるときは命がけです。(手をパーにしてあげても、危ないのです。)

2) 枕がないと眠れない
お休みの際は、枕を所望されます。汚されたから犬用にしちゃおうというようなクッションはお気に召さず、人間用のきれいな枕をご希望されます。知らない間に横取りされていることも多々あります。ごくごく自然に、人間の枕を奪う方です。フローリングやカーペットの地べたでは眠れないそうです。

Img_9634

誰かに似ていると思いながらそれが誰か思いつかなかったのですが、ようやく判明しました。エマニュエル・ベアールでした。)

ダイニング(なーんてそんな立派なものじゃありませんが)の椅子にちゃっかり座っていることもあり、まるで「そろそろお茶にしてくださいな」って感じで、本当に自然な光景なのです。(ちなみにヘイミッシュは、椅子に上がれず、上半身だけ椅子に乗せます。)いくら、なんでもありの我が家でも、ダイニングの椅子だけはだめです。というか、今までそれを禁止しようと思いつかせる子はいませんでした。

Img_9621

毛艶がよく、やせても太ってもなくとてもいい状態です。ワクチンを打ったあと、歩けなくなり、心配したのですが、その後すぐに元気になりました。一応、来年のワクチンのときには注意が必要です。3月中に避妊手術予定ですが、病院のスケジュールの関係で4月になるかもしれません。

バーニーズを小さくしたような子ですが、毛の色は黒ではなく、先が黒で根元から3分の2~2分の1は、茶色です。ウランやビッキーと同じ毛色ですね。柔らかい毛質です。シャンプーは好きではありませんが、暴れるようなことはありません。ドライヤーも好きではありませんが、なんとかやらせてくれました。

寝ているときは、まさにお姫様でございます。

Img_9787

全然関係ないのですが、3月に入ったとたん、アリョンパの衣替えが始まり、後ろ足がすごい状態です。ファーミネーターとブラシでは追いつきません。他の子たちは、この季節は衣替えではないようです。

| | コメント (4)

シャンタル登場

Sunao_9550_2 

2月17日の新座犬猫里親会の譲渡会のときに届けていただいた下宿っこのシャンタルです。↑の画像は、新座から帰宅直後の画像です。

1週間隔離してましたが、とっても素直ないい子で、リビングのドアの前に来ては、「入れて」とお座りしているのがとても健気で、何度も入れたくなる誘惑に負けそうになりました。

一度だけ、かわいそうになってしまい、ドアを開けました。そのときの面々のリアクションは予想通りでして、アリョは好みの子がいるのを見て大喜びなのがよくわかり、鈴ちゃん(帆希)は、短い尻尾をふって、「大丈夫だよ」とやさしく招いていました。ヘイミッシュは、親父声で唸っていました。(その前からドアの向こうに姿が見えるたびに、どこの凶暴なオス犬かと思うような唸り声を出していました。)

結局、シャンタルは入ることができず、すぐに逃げて行ってしまったのですが、アリョンパが待ってと追いかけて、鈴ちゃん(帆希)が、心配そうにそのあとに続きました。ヘイミッシュは私に捕まりながら、怒鳴りまくっていました。やっぱり、ワクチン接種が済むまでは、いっしょにしないでおこうと思い直し、先週の金曜日(22日)にやっとワクチンを接種し、正式にみんなと顔合わせしました。

最初は恐る恐る、ちょっとずつ部屋に入っては、アリョンパや鈴ちゃんにお腹を見せていました。(ヘイミッシュはゲージの中でわめいていました。) 鈴ちゃんのときのようにすぐに仲良くなるだろうと、ヘイミッシュをゲージから出すと、案の定、ガウガウしましたが、シャンタルはあまり気にしてないようでした。ときどき、ヘイミッシュが威張ってガウりながらも、アリョンパも鈴ちゃんも、大歓迎で、みんなで仲良く遊び始めました。まだ多少おどおどしてましたが、シャンタルもうれしそうでした。鈴ちゃんと一番気があうようでした。

Img_9583

All_9597

そして、あの平珍楼の変が起こったのでした。

Img_9592

ヘイミッシュは、何かとシャンタルに威張り、ガウガウしてました。鈴ちゃんのときより意地悪くて、成長するにしたがい、男の子は難しくなるのかなと思いましたが、ヘイミッシュの威張りんぼは、長く続きませんでした。

   Hhc_9599_4

(続く)

シャンタルは、現在、家族募集しておりません。

| | コメント (2)