経済・政治・国際

ペットの食の安全で規制法を(共同通信)

news@nifty より

ペットの食の安全で規制法を(共同通信)

家族の一員として犬や猫を飼う家庭が増えている中、ペットフードの安全性を確保するため政府が検討している製造、販売業者などに対する規制法案の概要が20日、分かった。ペットフードの安全性に関する法律は国内初。環境省と農林水産省が今国会に提出する方針だ。有害物質を含む製品の製造、販売、輸入を禁じたりすることなどを柱とし、違反の場合、法人に対しては最高1億円の罰金とする。

[共同通信社:2008年02月20日 08時46分]

| | コメント (0)

飼い主探し、総務省が応援

産経新聞より http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080126/sty0801260856000-n1.htm

捨て犬捨て猫殺さないで 飼い主探し、総務省が応援

2008.1.26 08:55

 9割以上が殺処分されている捨て犬や猫の保管期間を長くして、できるだけ新しい飼い主を探す機会を増やそうと、政府は、餌(えさ)代など自治体の必要経費の一部に地方交付税を充て、支援する方針を決めた。

 総務省などによると、犬と猫計32万匹の餌代3日分と、飼い主が見つかって引き渡す際のワクチン代に相当する総額3億5000万円を「動物愛護管理推進費」として、平成20年度の地方交付税に盛り込むという。

 飼い主が飼育できなくなるなどして自治体が引き取った犬と猫、狂犬病予防法に基づき保健所が捕まえる野犬や飼い主不明の犬は、年間約42万匹(17年度)に上り、うち約39万匹が殺処分されている。

 環境省は18年に、10年間で犬猫の引き取り数を半分にし、殺処分も減らす方針を掲げ、自治体に対し可能な限り新しい飼い主を見つけるよう求めている。しかし、餌代などがかさむため3日程度で殺処分している自治体もあり、国会でも財政措置を求める声が上がっていた。

 環境省動物愛護管理室の植田明浩室長は「額は多くないが、殺処分から、新しい飼い主に引き取ってもらうという意識に流れを変える動機づけになる」と期待する。

| | コメント (0)

本日締切 パブコメ 千葉県動物愛護管理推進計画素案について

千葉県動物愛護管理推進計画素案についての意見募集 本日が締切です。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/c_eisi/date/public/pubcom.html

環境省のパブコメと同じで、PDFなので、コピー&ペーストができずに、不便です。

下記をメールにコピーしてご利用ください。意見内容は、○○を○○に変更、○○を追加というように具体的な記述が必要

--------------------------------------

千葉県健康福祉部衛生指導課生活衛生推進室 御中
千葉県動物愛護管理推進計画素案について 

氏名
住所

該当箇所

意見内容

理由

--------------------------------

[御意見募集要領]

1 募集内容  千葉県動物愛護管理推進計画素案への意見

2 募集期間  平成19年10月16日(火)から平成19年11月15日(木)まで(必着)

3 募集方法

(1) 電子メールの場合
eisi3@mz.pref.chiba.lg.jp
「意見提出用紙」(PDF形式:42KB)の様式に従い、必ず本文にテキスト形式で記載の上、提出してください。
(添付ファイルによる提出はご遠慮下さい。)
※電子メールについては、送信途中において悪意のある第三者による盗聴の可能性も指摘されていますのでご留意ください。
(2) ファクシミリの場合
043-227-2713
「意見提出用紙」(PDF形式:42KB)の様式に従い、A4サイズの用紙に記載の上、提出してください。
(3) 郵送の場合
〒260-8667 千葉市中央区市場町1-1
千葉県健康福祉部衛生指導課生活衛生推進室 あてに
「意見提出用紙」(PDF形式:42KB)の様式に従い、A4サイズの用紙に記載の上、提出してください。

4 注意事項

(1) 御意見の提出は日本語に限らせていただきます。
(2) 氏名又は名称、住所又は所在地は必ず明記願います。
(3) 意見は、具体的な修正文の形で提出してください。募集要領に即して記載されていない場合、及び締切日までに到着しなかった場合は、無効とさせていただくことがあります。
(4) いただいた御意見の内容については、個人情報(氏名、住所等)を除き公表する場合があります。
(5) 電話での御意見は御遠慮下さい。また、御意見に対して個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承下さい。

[千葉県動物愛護管理推進計画素案の入手方法] 

1 インターネットによる閲覧(PDF形式:355KB)
2 郵送での配布
140円分の切手を貼付した返信用封筒(A4サイズの冊子が入るもの。郵便番号、住所、氏名、「計画素案」資料希望を明記)を同封の上、千葉県健康福祉部衛生指導課生活衛生推進室(募集要領3の(3)のあて先)まで送付してください。
3 閲覧場所
(1)県庁県政情報コーナー
(2)各県民センター及び県民事務所
(3)千葉県文書館
(4)各健康福祉センター

| | コメント (0)

10月4日の番組を見逃した方、ぜひサイトからご覧ください。

CATNAPさんの掲示板から転載
-------------------------------
大石氏のページにUPされていました
●当日見逃された方へ

下記のページで見れます。
【ニコニコ動画】→ http://www.nicovideo.jp/watch/1191770598

【YouTube】part1→ http://jp.youtube.com/watch?v=h7LyL5b6R1Q

【YouTube】part2→ http://jp.youtube.com/watch?v=vKondShVRQo

当会ひきとりの、シーズー、コーギーMIXが写っています。
一緒に写っている犬達は、殺処分されました
救い出せ新しい家族を待つ皆、その命達の分まで幸せつかもうね

■お問い合わせ ご意見・ご感想
・大石成通 ブログ『セブンデイズ』 http://d.hatena.ne.jp/society89/
・・大石成通 e-mail sakurasakura815jp2000@yahoo.co.jp

・日テレ ホームページ https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html(情報番組「スッキリ!!」10/4特集 担当ディレクター 境一敬宛)

■ブログ・HPをお持ちの方は、ご案内いただければと思います。
お一人でも多くの方にご覧頂きたいと思います
そして、お礼とご感想を↑のTV局へ送って頂く事で再放送、次の企画へ繋がります
大石氏へのエールもよろしく

あの猫さん、ハスキーさんに代わって声を届けて下さい m(_ _)m

| | コメント (2)

日テレ 情報番組「スッキリ!!」 07年10月4日(木)am9:00頃~

CATNAPさんの掲示板からの転載です。

-----------------------------------------------

お世話になります。カメラマンの大石です。
週刊朝日の際は、告知をして頂けたおかげで、多くの人々に「命の意味、大切さ」を伝えることが出来ました。
「生きているということ」その意味を日々考えていられる方々がいる。僕の活動に対する勇気は、《同志》あってのものと感じています。

『日テレ 情報番組「スッキリ!!」 07年10月4日(木)am9:00頃~ 』 にて、動物管理センターを捉えた番組が放送されます。
(詳細は、放送後にブログ『セブンデイズ』でご報告いたします)是非とも、ご観覧ください。

お問い合わせ ご意見・ご感想
・大石成通 ブログ『セブンデイズ』
http://d.hatena.ne.jp/society89/
・日テレ ホームページ https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html(情報番組「スッキリ!!」 担当ディレクター 境一敬宛)
※情報番組のため、速報などにより放送日、時間がずれる場合がございます。その際は、再度告知いたします

|

動物の福祉向上で指針策定へ

News@nifty より
動物の飼い方でもガイドライン、環境省が来年度から策定へ(読売新聞)

 環境省は来年度から、ペットや家畜の適切な飼い方、病気の見分け方などを網羅したガイドライン(指針)の策定に乗り出すことを決めた。

 欧米で広がる「動物の福祉向上」の視点を日本でも普及させる狙いがある。ペットショップのほか、一般家庭でも飼育の目安に活用してもらう考えだ。

 指針策定に当たり、環境省はまず、ペットフードに含まれる成分、ペットショップなどにおける、犬や猫の飼育環境、販売・輸送の実態、病気の有無などの調査を実施する。調査は、ペットだけでなく、家畜動物であるニワトリやウシ、ブタなども対象。

 こうした実態調査をもとに、専門家による研究会を設置し、2009年度中に、ペット・動物の飼い方に関する指針をまとめる予定だ。



[読売新聞社:2007年09月18日 03時16分]

| | コメント (0)

「動物の処分方法に関する指針」の改定案に関する意見の募集(パブリックコメント)

動物の処分方法に関する指針改定のパブコメ

環境省で、動物の処分方法に関する指針の改定案のためのパブリックコメントを実施しています。

締め切りは9月7日(金) 明日

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8665

メールでお送りする場合は、下記の「意見提出用紙」の項目に従い、メール本文に貼り付けて送ってください。(添付ファイルやURLへの直接リンクは不可)

送り先メールアドレスは shizen-some@env.go.jp

-- 意見提出用紙 --

宛先: 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 

氏名: 

職業: 


〒・住所: 

電話番号: 

FAX番号:

意見:

<該当個所>

<意見内容>

<理由>

-----------------------------

現在行われている苦痛を伴う窒息死や筋弛緩剤による致死処分ではなく、麻酔による安楽死になるよう、ぜひ、皆様のご意見を環境省へお送りください。

また、環境省ではMOEメールで意見を受け付けています。継続的に、致死処分方法の改善や、収容動物の多くの命が処分ではなく、譲渡により天命を全うできるよう、ご意見をお送りください。

|

致死処分方法変更のための署名

多くの方にご協力をいただきました署名ですが、本日で終了させていただき、集計に入ります。

メールで署名くださった方々、署名を集めて郵送してくださった皆様、どうもありがとうございました。そして、リンクしてくださった皆様、どうもありがとうございました。

無視されがちな、消され行く命に、たくさんの方が目を向けていただく一歩となったと信じています。

どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院議員 藤野真紀子さん

昨日、お忙しいスケジュールの中、衆議院議員の藤野真紀子さんと、動物愛護についてお話する機会をいただきました。

アレンジくださっためぐろのいぬやしきさんどうもありがとうございました。いっしょにうかがったのは、ももちゃんママと普段いろいろ導いてくださっている個人ボランティアさん、めぐろのいぬやしきさんです。

ボランティアの保護活動は、多くの不幸な犬や猫の中から一握りにも満たない子を保護するのが精一杯で、次から次と放棄され処分される命が苦しんで殺されるのを助けることができません。法律、政治の力に頼るしかありません。

苦痛の中で命を終える致死処分方法の改善、繁殖業の取り締まり、マイクロチップ導入、闘犬の廃止などをみんなで相談させていただきました。

私達が持ち出すより先に、藤野議員のほうから私たちがお願いしたいと思っていたことを、話してくださいました。

ご自身が以前から犬と暮らしていらっしゃって愛犬家であられますが、最近4匹の保護犬を引き取っていらっしゃいます。さまざまなボランティア団体とお会いして、リサーチをされてました。

私はある一つの県の処分しか見学したことがなく、その処分は、苦しさで犬が跳ね上がるものでした。しかし、一酸化ガスによる処分でも、東京都の処分は、時間をかけて、ガス中毒で眠りながら死ぬのと同じ状態で苦痛はないと、行政は言っているそうです。藤野議員は、そのように聞いているけど、自分の目で見ないことには判断できないとおっしゃっていました。関係者への調査もきちんとされておられました。

地方に丸投げするばかりでなく、しっかり監督しなければいけない部分については国として行わないといけないとの認識をお持ちで、議員として動物愛護に全力をかけてくださる決意が伝わりました。議員同士のネットワークで、乗り出してくださるそうです。

致死処分は、苦しまない人間にとっては短い時間です。しかし、捨てられたその瞬間から、精神的な苦痛と恐怖が始まると藤野議員はおっしゃいました。

理想論を語っていても、今日、明日は変わりません。今一番苦しんでいる子たち、実験動物の子、繁殖動物として、ぼろぼろになるまで虐待飼育される子、そして、放棄され致死処分される子のために、最善の改善をお願いしたいです。処分しないようにといつになるかわからない理想よりも、まずこのかわいそうな子たちの苦痛をなくすために、具体的な処置をお願いしたいです。

20分くらいの予定でしたが、2時間も私達のためにお時間をいただきました。

どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)