老犬と過ごす日々

アッサムが旅立ちました。

昨日、実家のアッサムが永眠しました。

眠るようにして逝ったそうです。2-3日前から具合が悪くなり、病院に通っていることは聞いていましたが、昨日、点滴を打ってもらい帰宅して数時間後に亡くなったそうです。

Assam23_2

12歳と5ヶ月、バーニーズにしては長生きだと思います。両親の家に来て8年、最初の飼い主と暮らした年数の倍を両親と過ごして、最後は両親に看取られて、悪くない生涯だったと思います。

アッサムと初めて会ったのは、マーシャが1歳の夏でした。その年の春に、千葉から越してきた家族が飼っていて、小さな子供がいる家族で、子供がお昼寝をしている間に短いお散歩をしていて、そのお散歩のときに、マーシャと同じ犬種ということで、父が声をかけて、私が夏に初めて会うより前に、父とは顔見知りになっていました。

マーシャより1歳年上で、10月生まれだということをそのときに聞きました。それが縁で、その家族が夏に千葉へ帰省するときに、両親がアッサムを預かるようになりました。それからしばしば、預かるようになったのですが、帰省から戻って何日経っっても、迎えに来ないことが続き、だらしないところが見え始めました。

二人目の子供のお産の年は、長い預かりになりました。その家族の若い父親は、新しい仕事について前借りしては、仕事をしないで辞めることを繰り返し、若い奥さんが近所にお金を借りに回り始めました。借家代も払えないのに、大きな新車を買ったりするような父親でした。奥さんがお産で実家に戻っている間、一人で暮らせず、半年近く、アッサムを私の実家に預けて、奥さんのもとへ行っていたわけです。

二人目が生まれてからは、奥さんがアッサムのお散歩をできるわけでもなく、ときおり、心配になった私の父が寄って散歩させたり、犬仲間の人が散歩させたり、借家の大家(さんはつけません。)がしてあげることもあったようです。アッサムの飼い主であるその家の父親は、仕事しないでパチンコ三昧だったと聞きました。

アッサムは室内用のゲージを、外に置いて飼われていました。(軒下だったので雨はしのげてました。)排泄だけのために出される以外は、ほとんどをゲージの中に丸まって過ごすし、夜だけは家の中にゲージごと入れてもらってましたが、奥さんが子供を連れて出て行ってからは、夜もそのままだったようです。

一度、ゲージがちゃんと閉まってなかったらしく、アッサムが脱走して、私の実家へ来たことがありました。その頃はまだ奥さんがいたので、連絡して迎えにきてもらいました。また、犬仲間の人がアッサムを散歩させている途中で私の実家に寄り、アッサムが帰りたくないと伏せて、動かなくなったりして、両親にとっては特別の思いをもたせる犬でした。そういうことがあり、父は、「アッサムがこの家を選んだ」といいます。

奥さんが去った後は、私の父が見に行くと、暑い日中、外のゲージにいるので見かねて、勝手に連れてきて、涼しくなってから戻すということもあったようです。

それからまもなくして、近所の食料品店のおばさんが、ここ2-3日、アッサムの鳴き声が普通ではないと、私の両親に連絡してきて、すぐに父が見に行きました。話を聞くと、数日前から、飼い主は戻ってきてないようで、借金取りらしき人が何人もうろうろしていたとのことで、夜逃げしたものと見られました。そのままにしておけず、アッサムを連れて戻りました。黒い毛が茶色に変色し、腰が曲がっていたそうです。

アッサムは、置きえさ方式で、お皿のフードがなくなると足すというやり方をされていたため、食が細いのですが、そのときは、マーシャが食べなかった缶詰が残っていて、それをがつがつ食べて、通常の3倍の量でも足りなかったそうです。

その後、旅行から戻った借家の大家が、千葉の実家にいる奥さんに連絡をすると、犬はもらってほしいとのことで、大家は、私の両親が引き取らなければ保健所に渡すだけだと言いました。その言葉は不愉快であっても、アッサムがかわいそうだから、アッサムのためにと、両親の子になりました。それがアッサム4歳の誕生月の10月のことでした。

外から見ると、両親が引き取るのが自然だったと思いますが、両親はそうは思ってないようです。

慣れた家に引き取られたので、ストレスは少ないと思いますが、最初の1ヶ月は、母から片時も離れず、洗面所で髪を乾かす間も後ろにくっついていて、びっくりすると言ってました。

Assam87_2 

アッサムは、前の飼い主に、最初の2年くらいは可愛がられていましたし、しっかりしつけも入っていました。両親の家に来てからは、我儘になっていましたが、家族以外の人には相変わらずお利口な、穏やかな犬でした。親戚の人、近所の人、多くの方に可愛がられていました。(保健所に渡すと言ったあの大家も、あっちゃん、あっちゃんと頻繁に会いにきてあきれさせていたそうです。)

Msaaasm66

夜も外に出されていたせいか、雷の音に対してパニックになるため、両親は眠らず、暴れるのを抑えていたり、苦労もあったと思いますが、アッサムとの暮らしは、祖母の介護中心の生活を和ませるものだったと思います。

車が大好きで、両親の会話を全部聞いていて、車で出かけることをすぐに察知し、乗るまで父から離れなかったり、お母さんはいる?と訪れる人を、母のところに案内したり、人間のような犬でした。人間臭いのがバーニーズの特徴でもありますが。バーニーズにしては、寒がりで冬はコタツで寝ていましたが、今年の冬は絶対に部屋に上がることを嫌がり、冷たい土間から動かず、母は介護が大変だったようです。

この8年の間に、介護していた祖母も亡くなり、母方の祖父母も急死し、通報してきたお店のおばさんも亡くなり、そのお店もなくなり、あの大家も亡くなり、預かっていた頃からずっとアッサムを可愛がってくれた伯母は、痴呆がすすみ、誰のこともわからなくなりました。私は、マーシャの足が悪くなってからここ2年は戻っていません。アッサムに会ったのは3年前の夏でしょうか。

去年の動物愛護週間で、模範的飼い主の賞状をもらったことも、両親にはいい思い出になりました。父は子供の頃、犬を飼っていましたが、母にとっては、60を過ぎて、初めて飼った犬で、最初で最後の犬です。

アッサム、不思議な縁で両親の子になったけど、たくさんの思い出をありがとう。もう天国に着いていたら、すぐにアネットを探してね。そして、遠くない将来、マーシャが行ったら、マーシャのこと、よろしくね。弱い子だから、守ってあげてね。

太郎ちゃん、小次郎、チャコちゃん、キングちゃん、アレックス、ピーチちゃん、パティちゃん、マックス、みんなと楽しく過ごして、私たちが行くまで待っていてね。猫のチロを見ても、追いかけないでね。

| | コメント (14)

トイレシーツ

以前に手作りのトイレシーツのことを書いたことがありますが、相変わらず節約のため、下手ながら作っています。

防水布とパイル地のシーツは、軽すぎて、動いてしまうためあまりよくありませんでした。お天気が悪いと足りなくなるので、それも使ってはいますが。最近は、ラミネート加工の布に、パイル地や厚手の布を合わせて作っていました。といっても2点くらいだけですが。

昨日の日曜日は、初めてキルティングと撥水ナイロンで作ってみました。いつもは、まち針を打って、1面ずつ縫い合わせて、最後はダーツがよってしまうのですが、今回は、母がしつけをしてくれました。キルティングと撥水ナイロンの組み合わせもなかなかよく、しつけのおかげで今まででいちばんいいと思います。キルティングはW幅で580円/M、撥水ナイロンは980円/Mでした。1Mで十分の大きさでした。2枚作りました。同じ特価のキルティングでも厚さがちがい、縫うのは薄いほうがいいのですが、やはり厚手の方がいいかんじです。

厚手の方は茶色いパッチワークっぽい生地に、裏は(見えませんが)ベージュの撥水ナイロンです。一応色はあわせていますの。

Img_6178

もう1点は、ピンクとブルーのにぎやかなキルティング地にピンクの撥水ナイロンです。

マーシャは動きながら、シーツを丸めてしまうのですが、キルティングのシーツだと丸めることもないです。1日に3-4枚洗うので、これから乾きにくくなる季節、シーツが増えて大助かりです。

ついでに、先日アリョンパがしっこをかけたガーゼの毛布カバーも、2枚あわせて、ラミネート加工の布とあわせて、しつけをかけてもらってあります。あとはミシンがけするだけになっています。

Img_6176

背もたれ用のクッションを踏みつけてその上で寝ていたアリョンパですが、母が、背もたれクッションを敷きクッションの上に重ねて高くしたら、喜んで寛いでいました。

Img_6173

もう、師走がそこまで来ていますね。

----------------------------------

子猫の家族募集中

3catschoco_6082_2

ちょこちゃん メス (三毛トラ)

3catsshima_6081

しま君 オス (サバトラ)

3catsmaron_6090

マロン君 オス (クリーム茶トラ)

Niizakitten_2 

子猫4匹 

右端の茶だけメスです。オスは、茶トラと黒白2匹(長尾と短尾)

元気でかわいい子猫たちです。暖かい家族を待っています。

お問い合わせは日時計2まで。

| | コメント (4)

マーシャの霜月最終週末便り

  昨日の午前中もがんばって、深大寺までカートでお散歩に行きました。

【画像削除 2008年4月9日】

やはり、かつて吠えられた犬の家の前で、くーんくーんと呼んでました。その犬は門の奥で寝ていました。通常なら、すぐに走ってきて吠えるのですが、カートだと犬がいるとわからないのでしょうか。

Img_6125

さすがに往復1時間半は、汗びっしょりになりました。ついでに、マーシャとアリョンパのシャンプーをしました。

マーシャは、お腹をいつも下にしているので、じめじめして、皮膚の状態がよくないのです。なるべく、蒸しタオルで拭かなくてはいけません。床ずれだけでなく、いろいろなケアが必要になっています。

Img_6101

Img_6096

アリョンパですが、母には何度か会っているので慣れてきています。コタツに母が入っていると、鼻先をつけてあまえようとしたりします。母からパンをもらったりもしています。そばにいても自然でいられるので大きな進歩です。(でも、家に来て、もう2年ですけどねー)

【画像削除 2008年4月9日】

---------------------------------------

子猫の家族募集中

3catshimamaron_6084

しま君 オス シルバーと黒のサバトラ

マロン君 オス クリーム茶トラ

Niizakitten_3   

子猫4匹 

お問い合わせは、日時計2まで。

猫用フード、特に缶詰、レトルトが不足しております。また、防寒対策のための、毛布、ホットカーペット、使い捨てカイロを募集しています。お家で眠っている毛布、ホットカーペット、電気毛布、電気敷布などがございましたら、ご寄付くださいますようお願いいたします。

次回の新座犬猫里親会の譲渡会 (12月16日)にお持ちいただくか、下記までお問い合わせください。

marshakatie@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

マーシャのお散歩便り 霜月編 2

昨日から有休消化のお休み中です。

昨日は、たまりにたまった掃除を少しして(1日あるのになぜはかどらないのか・・・)だらだらしてました。今日は昨日から予定していたマーシャのお散歩に行ってきました。我が家の前の小さな道路は朝の6時から7時過ぎまでが、犬のお散歩ラッシュ、朝の7時30分から8時15くらいまでが、登校ラッシュです。そのラッシュが終わって、平日の午前中なら、お散歩している犬も少ないと予想して、がんばって、深大寺の公園まで行って来ました。さすがにカートで深大寺はきつかったです。(情けないのですが、完全に運動不足です。) 

(画像削除 2008年4月9日)

今回のブログのデザインですが、何度改行しても行間がとれず、読みにくいので、細切れに間に画像を入れることにします。

(画像削除 2008年4月9日)

9時30分ごろ家を出たのですが、途中、保育園のお散歩に遭遇。そのあと、公園についたら、別の園児達がたくさん遊んでいました。小さい子は、マーシャみたいにカートで移動してましたよ。

Img_6022

ドッグランも覗いてみました。2匹しか遊んでませんでした。やっぱり、休日とはちがいますね。

Img_6029 

ここに来るのは、2年以上ぶりのマーシャ。足が悪くなったのは、2年前の秋ですが、その年の春に来て、暑くなってから来ることがなく、そのままになっていました。

Img_6031

前足も力が入らなくてぶるぶる震えるのですが、かつて通ったところを身を乗り出して見ていました。公園に来る途中で、よく門の向こうから吠えていた犬がいたのですが、マーシャは覚えていて、犬がいないのに、その家の前にきたら吠えていました。よく遊んだ(猫の糞を食べてすごく困った)林の前を通るときは、特に懐かしそうに乗り出していました。

(画像削除 2008年4月9日)

私はフィーフィーが卒業してから2か月ぶりのお散歩コースでしたが、建て替えかれている家や、空き地だったところに家が建っていて、2か月だけの期間でも変わるものだなと思いながら、秋の紅葉を楽しませてもらいました。

Img_6048

週末の深大寺散歩、復活しようね。(私の運動のためにも。いい汗をかきますわ。)

(画像削除 2008年4月9日)

| | コメント (0)

マーシャのお散歩便り 霜月編

今日はマーシャのワクチン接種。片道45分ほどかけて、初めてカートで病院まで行ってみました。 以前は、毎朝カートでお散歩に行っていたので、玄関に近いPC部屋にマーシャはいましたが、夜中に2-3度くらい、お水が飲みたいとか、おしっこしたからシートを替えてとか吠えて教えるので、朝のお散歩をあきらめて、リビングでいっしょに寝ています。

リビングから玄関へ抱っこして運ぶときに、おもらししてしまうので、毎朝抱っこして階段を降りるのは億劫になり、ここ1月ほどカートでのお散歩はしていません。

日曜日の午前中ということもあり、お天気もあまりよくないので、人も自転車も少なく、駅前もスムーズに動けました。病院も空いていて、次の患者さんに気兼ねなく、爪きりから、足裏、耳、おしりの毛を切っていただきました。耳が3つあるような毛玉(フェルト状)も、食器に入ってしまっていた長い耳毛も切っていただいて、久しぶりにさっぱりしました。

体の向きを変えるときに、診察台の上で、じょーとお漏らしして、またその量が半端じゃなくて、看護士様には大変お手数をおかけしてしまいました。

毛玉を切るとき、皮膚を切らないように、コームで毛玉の根元を押さえて、コームの上を切るというのを見ていて覚えました。なるほど。

帰りは少し雨が降り始めましたが、カバーをかけて、帰宅しました。途中で雨がやんで、公園で写真を撮りました。

Img_5969 

今、カメラを勉強中で、ちょっと設定をいじったら、白くなってしまいました。

Img_5954

Img_5975

ときどき、目やにがひどくなります。目の輝きもなくて、年をとったなと改めて思いました。

Img_5950

Img_5982

Img_5960

久しぶりのお外に満足してくれたかな。週末はお散歩に出るようにするね。

反対側の脚にも床ずれができてしまいました。でも食欲があって、お菓子も食べるのでまだまだ大丈夫。

カメラの設定をいろいろ変えて写真を撮ったのはいいのですが、どの設定がきれいに撮れたのかわからなくなってしまいました。(もしかして、一番きれいに撮れたのは、冗談半分に撮ったオートかもしれない・・・)

Img_5945

Img_5947

Img_5981

Img_5985

我が家のメドウセージ。今年も傍若無人に咲いています。いつもより咲くのが遅かったように思いますが、どうなんでしょう。

Img_5988

置いていかれて、怒り大爆発のこの方。いっしょに行こうと誘っても来ないのに。仕返しはトイレなんだろうなー。

 

| | コメント (2)

とうとう・・・・・

恐れていたことが起きてしまいました。

マーシャの右足に床ずれができてしまいました。病院へ連れて行きました。もう患部は麻痺しているそうです。毛が長いのと、いつも右足を下にしているので、気付くのが遅かったのかもしれません。いつからできていたのかわかりません。

マーシャはもともと我儘に育ててしまって、フロントラインですら嫌がり、フロントラインやスリッカーブラシなどを持って近づくだけで、噛もうとし、目薬や耳洗浄などは絶対させなかった子で、年をとってからはそれがひどくなりました。ファーミネーターにも怒ります。

お尻にウンチがついて毛が固まってしまったり、尻尾に枝が絡まって毛玉といっしょになってブラシではどうにもできないときは、エリザベスカラーをして、口輪をして、それでも首を曲げて阻止しようとするので、あせりながら、急いで固まった毛を鋏で切ります。

床ずれがどうなっているのか見るために、毛を分けようと手を近づけるだけで、怒るので、今回は病院に預けて、後ろ足と尻尾とお尻をバリカンで刈ってもらおうと思いました。

しかし、先生が言うには、毛は紫外線から守ったりする役目もあり、排泄で汚れるからと毛を刈るのはよくないということで、患部の周りだけ切ってもらい、薬を出してもらいました。

先生からのアドバイスでは、一番気をつけることは、蝿だそうです。蝿は臭いをすぐに嗅ぎつけて寄ってくるので要注意なのだそうです。蝿が傷口に卵を産みつけてしまったら、もうどうにもできなくなるそうです。(ものすごい苦しみになるので安楽死しかない)

蚊取り線香と扇風機が蝿防止にいいそうで、今から扇風機を買いに行きます。(扇風機が売り切れとネットのニュースでおととい見たばかり・・・・・)

新聞紙を丸めてたくさん敷くといいらしいです。(クッション代わりということでしょうか。)

泣き虫なので、先生の話を聞いているとすぐ涙が出てきてしまうのをこらえて、教えてもらったことは全部やろうと思いながらの帰路でした。

  Dscn0151

(若い頃のマーシャ トリミングで耳の毛を切ってもらっていたのでボーイッシュ)

ドライブが好きなマーシャなので、秋になったら一度佐渡へ帰ろうかなと思います。2年ぶりに佐渡の海を見せてあげたいです。でも、思うだけで実際は無理かな。フェリーの移動は何かと不便なので。

Dscn0557_3   

(お気に入りの画像です。 現在我が家でレンタルしている妹夫婦の当時新品デジカメで撮った画像。 当時はこの画像を見て、あまりにも私のデジカメと鮮明度がちがい、技術の進歩を恨めしく思ったものです。それが、古いデジカメとなり、我が家でレンタル中・・・でも返す予定はないです。電池の蓋が壊れてしまったからもう返せない。でも動画も取れて、便利)

実家のアッサムに床ずれが出たと母から聞いたのが、マーシャの床ずれを見つける数日前でした。マーシャより1歳年上で、足が悪くなったのは最近のことでした。マーシャに対してのやきもちがひどいので、マーシャの足が悪くなってから実家へ帰ることはありません。

アッサムもドライブが大好きで、買い物に行くときは必ず乗って行くそうです。

Msaaasm66_2

Msaassm62_2 

(マーシャとアッサム もう何年前の画像か思い出せません。8-9年前かな)

我が家と実家、ともに今年後半と来年は、介護という試練の日々となります。

長く生きることより、喜ぶことを優先させてあげたいと思います。

|

残暑お見舞い申し上げます

Img_3916

Img_3947

Img_3918

Img_3917

Img_3919

Img_3927

Img_3950

Img_3933

Img_3929

蝉の声が大盛況中ですね。猛暑が続いていますが、夜は7時になると暗くなるので、日は少しずつ短くなってきているようです。

マーシャは毛が長いので、見た目はわかりませんが、とてもやせてがりがりです。特に腰から後ろは触ると骨が飛び出ているような感触です。短毛だったら、食事をあげてない虐待飼育と間違われると思います。逆に、長毛の子は、がりがりでも見た目ではわからないので、餓えていても気付かれない子もいるのかもしれません。

先週、ちょっとだけ生食を試してみました。アリョンパはドライは残して生食のものをほとんどたいらげ、ウンチも変わらず、大丈夫そうですが、マーシャには生のお肉は口にあわないようです。(野菜は生でも加熱でも食べない。)マーシャは老犬ですし、処方食を食べさせているので、生食にする必要はないというか、しないほうがいいのだと思いますが、ちょっとどんなかんじか見たくて上げてみました。

アリョンパはドライだけだと、あまり食が進まないので、ドライと生食を混ぜて上げて見ようかと思っています。

|

情報集め

マーシャ11歳のお誕生日を機に、そして、最近のボケかな的な行動を見るにつけ、真剣に老犬介護のことを思っています。

以前にもブログで書きましたが、今は老犬介護の本がたくさん出ています。私も選びに選び、1冊購入してあります。

最近は、時間があれば、老犬介護のサイトを覗いています。実体験を紹介してくれているブログはとてもありがたいです。みなさん、いろいろ工夫しています。

徘徊が始まったらビニールプールを使うとか、調味料入れで食事を与えるとか、ペットシーツをぬらして冷やしてあげるとか、寝たっきりになったら、ベビーベッドが介護しやすいとか、勉強になります。

いろいろ見すぎて、どこに書いてあったのか忘れてしまったのですが、とにかく、なるべくそばにいてあげること。スキンシップをとってあげること。

Img_2456_2

そして、昨日出会ったこのサイト、涙を流して、そして時に笑いながら拝見させていただきました。漫画 老犬介護日誌 内容もさることながら、このサイトを見て、漫画がすばらしい表現方法であると思いました。

9月に老犬用マッサージとアロマテラピーのセミナーがあるそうなんですけど、どうしようかなーと考え中です。セミナーに行かないで、マーシャの足が悪くなったときに、犬友から資料をいただいたし、本も出ているので、それを見てやってみようかなと思ったりして迷っています。

実家の猫のために獣医さん(当時は家畜用の獣医さん)を呼んで、薬を飲ませて注射をしたことが、この世始まって以来の特別の出来事だった祖母が聞いたら信じられないですね。犬のためのマッサージとか、アロマとか。

祖母にアロマテラピーをしてあげればよかったと思います。当時はそんなこと思いもしませんでしたが、背中でも手でもマッサージしていい香でリラックスさせてあげることを、知らなかったというか、老人介護に結びつけることはなかったです。介護する母のために、ネットで、役立つ情報を見てあげることもしなかったのですが、きっと老人介護もアロマテラピーとか、ホリスティックケアとか進んでいるのでしょうね。

|

毎朝の日課?

昨日の朝も今朝も、自分からカートに乗ろうとするマーシャです。毎朝、カートでお散歩にいくつもりのようです。絶対行くってかんじです。はい、がんばって早く起きます。組み立てと片付けに手間がかかるので、1時間早く起きています。

1時間早く起きた分をマーシャにあてているので、ウランのお散歩に出る時間は以前と同じですが、ウランにわかってもらえないのです。お散歩へ行くまでに1時間近く待たされることに大騒ぎで抗議しております。

Img_1798

今朝は、がんばって道路を渡って、足を悪くしてからお散歩コースになっていた場所へ。

(マーシャにとっては1年ぶりです。)

Img_1801

朝はまだ涼しくて、心地よいようです。(これから暑くなりますね。)

Img_1796

カートを動かしているときは、ネット越しで前方を見ているようです。

歩道が似非レンガ道なので、タイヤがぼろぼろにならないかちょいと心配です。(昔、ドイツに行ったときに、石畳でスーツケースのタイヤをだめにしたので。)

Img_1803

明日からはカメラなしでお散歩に尽くします。

-----------------------------------

Osaka7dogs2

http://ameblo.jp/sotooyasagashi/page-1.html

| | コメント (2)

老犬がんばれ台帳

マーシャの10歳の記念に、老犬がんばれ台帳に登録しました。

Agedogbn 10歳以上のワンちゃんが登録されています。

年齢を更新できるよう、マーシャゆっくり年をとろうね。

ちゃきままさん、マーシャへのお祝いと、老犬がんばれ台帳のことをご紹介くださって、どうもありがとうございました。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧